「命輝かせて生きる」って…どういうことだろう。

私は一体、「リストを一つずつ消して、無事に1日を終える」ために毎日生きているのだろうか。いや、違うはず。違うはずだけど、どうしても、「◯時には子供のお迎えだから、それまでに買い物をして…今日はあのスーパーとドラッグストア、両方行けるかな」「◯時に子供の習い事だから、それまでに夕飯の用意はしておかなくちゃ」など、日々時間に追われている感じが否めない。週ごとにみても、「◯曜日には幼稚園の行事があるから、◯曜日にあのお店であれを買わないとダメだ。そして、図書館の返却期限が◯曜日だったから、ああ、あのお店に行くついでに寄れるかな…」などと、予定をパズルのように組み合わせ、なんとか全ての用事を済ませられるようにと、頭の中で常にグルグル回している。

ご飯を食べながらも、食べてることを忘れてボーッとする娘に「早く食べて!」と、毎日何度言うことか。
娘の宿題が終わらないと一緒にテレビを見られない弟が、「早く宿題してテレビ見ようよ!」と催促するが、娘は「はいは〜い」と言って取り掛かるものの、すぐに息子に反応したりして遊び始め、一体いつになったらテレビが見られるのか。早くお風呂に入って欲しいのに。そのうち息子がぐずりだすと、私は娘に「もう!早く宿題しちゃったら?」と言う羽目になる。
いつもいつも、「早く!早く!」と言っている気がする。

そんな私の小言にすっかり慣れっこな娘は「は〜い」と言うだけで、一向に物事は進まない。だんだんイライラが募ってきて、爆発しそうになる瞬間、ふと、「だけど、そんなに急いで、一日の用事を無事に済ませてちゃんと寝られたところで、それがなんだっていうのだろう」という思いが頭をよぎる。「1日1日を難なくこなしていくこと」、それが「生きる」ということなのだろうか。

確かに、快適な状態に肉体を保って、不自由なく日々を過ごすこと、それも大切だろう。そのためにみんな頑張って仕事もするし、健康に気も使うのだ。だけど、「肉体を快適な状態に保って日々をそつなくこなすこと」が、「命を輝かせて生きる」ことなんだろうか。

娘に対するイライラを爆発させる前に、こんな考えに意識が向き、爆発せずに済んだ。ひょっとして娘は、私に「本当に命輝かせて生きる」ということを改めて気づかせるためにダラダラしているのだろうか。もちろん、意識的ではないとは思うけれど。
「ダラダラしてずううっと長い間宿題してるより、サッとやっちゃって遊んだ方が楽しいんじゃない?」
と言う私に、
「え?ずううっと宿題してる感じじゃないよ。ずうううっと遊んでる感じだよ」
と答える娘。
そうなんだ…。彼女にとっては、ずっと遊んでる感じなのか。ずっと楽しんでるんだ。だとしたら、さっさと宿題を済ませることに、そんなに意味はないのかもしれない。

「命を輝かせて生きる」って、どういうことだろう。私は一体、どんな風に生きていきたいのだろう。43歳にもなって(というか、もうすぐ44歳になるが)、未だにこんなことを考えている私は…。あ、ストップ。他人と比較しても意味がない。

こういうことをずうっと考えながら生きてきた気もするけれど、ここんところ、特にそういうことに意識が向く。そろそろ本当に勇気を出して、命輝かせて生き始める時なのかもしれない。というか、そう願う、今度こそ。というか、「そうしよう」と決意するのは、私か。私しかいないものね。


…というわけで、というわけでもないのだけど、Kindleで本を出してみました。

「現実」とは?

KindleUnlimitedに入っていれば無料で読めるはずなので、興味のある方は是非。現実ってなんだろう…ということを考えるショートストーリーを3つおさめました。特に3話目の「手紙」を読んでほしいです。

武井典子先生

武井典子先生のレッスンを受けてきました!
本町にある”Violaトリコロール”というスタジオです。

典子先生のレッスンは、娘を妊娠する前に何度か受けていました。
当時は心斎橋の”スタジオヨギー”でもレッスンをされていて、私はそこで受けていました。
娘を妊娠してからはマタニティヨガ、生まれてからはベビーヨガなど、受けられるレッスンが限られていたため、典子先生のレッスンは受けられませんでした。

そういうわけで、かれこれ10年近く経っていると思います。

5月に日本に帰国してからヨガスタジオを探していて、典子先生がここで教えられていることは知っていたのですが、

何しろアメリカから帰ってきてから、人だらけの電車に乗るのがとにかく億劫で、街に出かけること自体が気が重く、最近になってようやく電車に乗って中心部まで行けるようになりました。
しかもViolaトリコロールの本町スタジオは料金が高く、さらには、スタジオの近くに魅力的なカフェがない(← ヨギーとしては邪道かもしれませんが、レッスン後の”カフェ時間”も、私の楽しみの大きな一部なので(^◇^;) )こともあって、重い腰がなかなか上がらずにいました。

けれど、Violaトリコロールが、9月から10月末までのキャンペーンを展開しているのを知り、ようやく重い腰を上げて行ってきたのでした。

 

初めてのスタジオなので、受付の人に説明を受けている時、私の背後で、英語で話す生徒らしき人と先生らしき人。
先生らしき人はきっと、典子先生です!(ワーワー!懐かしい!変わらない典子先生だ!)
生徒らしき人は、別のスタジオで教えているらしいインストラクターで、恐らくは典子先生のヨガ仲間か、生徒か…。
「今日、予約してないんだけど、あなたのクラス受けられる?」
「今日はキャンセル待ちが出てるから、無理かも…」
みたいな話をしています。
私が予約したのも数日前で結構ギリギリだったので、無事に予約できた私はラッキーヽ(´▽`)
なんだかどんどんワクワクしてきました☆

 

背後の典子先生が気になりながらも書類に記入し、ロッカーに案内されながらその場を去ります。

 

着替え終わってスタジオに入ると、典子先生が体をほぐしています。
「ブロック二つと、ベルトと、ブランケットを用意して下さい」
と言われ、スタジオの一番前の真ん中が空いているのでそこにマットを敷き、キョロキョロワクワク♪
嬉しくて仕方のない子供のような心境でした(^o^)

 

典子先生のレッスンは、なんというのか… うまく言えないのですが、やはり素敵でした。

 

「”こうしようとしているのだけど出来ないんです” は OKです。
”今日はこうしたくないんです” も、OKです。
でも、”なんだか知らんけどこうなってた” というのはやめて下さいね」

 

「どんな動きも繊細にすればアーサナになります。
逆に、どんなアーサナも意識せずにやればただの運動になります。
どんな動きでもアーサナにできるのも私たちの意識。
どんなアーサナも単なる運動にするのも、私たちの意識です」

 

「自分の体をしっかり感じてやってください。
形を作ることが目的なんじゃないです。
ここにいて、私(典子先生自身)だけがヨガやってて、
みなさんが、”言われた通りにやってみましたけど… こんな感じ?”
とかならないように。
自分の体が心地いいことを感じながら、
”自分はどうしたいのか”を常に問いながらやってください」

 

「シャバアーサナに入る前に、自分の体が今、どうしてほしいのか、どう動きたいのか、どこをマッサージしてほしいのか、真剣勝負で問いかけて下さい。
分からなかったら、問い続ける」

 

「シャバアーサナの時は、完全に委ねて下さい。
自分はちょっとどっかに行ってる。離れたところから見ていて下さい。
私たちがいると、体が完全に休まらない。
体を完全に休めて下さい」

 

覚えきれない数々の言葉。
レッスン中に典子先生の口から出てくる言葉は、
奥深いエネルギーからエネルギーに伝わるような感じで染み込んでくる気がしました。

 

シャバアーサナが終わって体を起こし、最後にもう一息呼吸をしている時、
涙が流れました。
私の右目から二筋。左目から一筋。
”感情に揺さぶられた涙”ではなく、
体の奥底から湧いてきた、感謝と幸せに満ちた、柔らかい涙でした。

 

重い腰を上げて行って、本当に良かった♪

 

さて… ここからは、
どの程度続けて通うか、チケット制にするか月謝制にするか、
子供が長期休み中は行けないし、熱出しても行けないし…。
レッスン後に行く素敵なカフェ探しも必要になるかな?!
…など、現実的な思考に移ります(^_−)−☆

「それは、無理無理無理!!!」を、やってみる

最近、心屋仁之助さんの本を片っ端から図書館で借りて読んでいる。

その中に、

*******

「絶対に無理!できない!」と思うことを、勇気を出してあえてやってみよう!

*******

ということが書かれている。

今までの自分のパターン、制限を破って、自分の可能性を広げるきっかけになる…だろうとは思うけど…。でも、やっぱりやりたくない…
と私が思うのは、心屋さんと同じ、「遅刻をすること」。

昔から、予定時刻の30分ほど前には待ち合わせ場所に着いてしまうほど慎重な私。
よく遅刻する友達との待ち合わせでは、合計1時間近く待つなんてことも…(^◇^;)。
でも、相手が90%遅刻するだろう、と思っても、「いや、今日に限って早く来るかもしれない」と考えて、私はやっぱり遅刻できない。

だけどここ最近、立て続けに心屋さんの本を何冊も読みまくっていると、だんだんその思考に染まってくる、というか、そんな気になってきて、「やってみようかな」とふと思ったりし始めた。
心屋さんはわざと遅刻してみたらしいけれど、私は、”遅刻しても安全な(?)機会”を狙って遅刻実験(笑)をしてみようかな…程度の気持ちだった。

そしたら今日!!!意図せずにそういう状況になってしまったんです!!!

…いや、厳密には「遅刻」はしなかったのだけれど、私にとっては超ギリギリセーフのタイミングになってしまい、焦った〜!!!

 

ヨガの予約を入れていたんです。
初めて行くスタジオ。
最初に記入する用紙などもあるだろうし、着替えもあるし、慣れない初めてのスタジオだし、20分前には到着するように調べて、電車に乗りました。
そして、心屋さんの本を開き、読んでいると…「あれ?」
なんと!!!降りるはずの駅を過ぎていたんです!!!
しかも、私が乗ったのは各駅停車ではなく、準急!
数駅飛ばして、7〜8分先の駅に止まります。
長い!!!
長すぎるこの時間!!!
その間に携帯で、戻ってくるための電車の時刻を調べます。
乗り換え時間ほとんど無し…。
駅に到着するためにスピードを落とした電車の中からホームを確認。
ああ!同じホームの向かいじゃなくて、階段を降りて登らなきゃならないあっち側!!!
いつも時間に余裕を持って動く私は、「走る」なんてことをほとんどしないのですが、
走りました!!!なんていう体力の無さ!!!息切れしまくり(^^;;
それでもなんとか、戻る電車に乗ることができ、スタジオに「今向かっています!ギリギリで着けると思います!」とメールを送り、駅についてまた走る!!!

スタジオに着いた時には、普通に喋れないほど息が上がっていて、しかも、私が送ったメールを見ていなかったインストラクターは、私の様子に呆気に取られていました。
急いで用紙に記入している間に他の生徒さんが来て、急いで着替えている間にまた別の生徒さんが来て、結局、それでも私が一番に到着したようでした(^_^;)。

 

時間には間に合ったものの、私の中では「遅刻しそう!!!」な、ドキドキ体験をしました。でも、案外「ナンテコトナイ」ものでした。(息は切れたけど(^◇^;))

 

こうやって、「絶対に嫌!」ということを少しずつ緩めていくことで、「私が感じる世界」を、もっと広げていきたいと思います♪

 

「え?いいの?」で見える世界

夏休み最後の日、トミカプラレールなどのおもちゃがある遊び場に行きました。

(休日料金:一人1時間350円。子供はもちろん、大人も…(^◇^;))

 

朝一番にお店に着き、しばらくはうちの子供達の貸切状態。

娘は、端っこの方にあった、「くみくみスロープ」というおもちゃに夢中。
ほぼ2時間ずっと、最初から最後までそれで遊んでいました。
プラレールは娘にはすぐに飽きちゃうかな、と思っていたのでラッキー( ´ ▽ ` )ノ

 

「ここにあるもの、ぜ〜んぶ使っていいんだよ!」
と息子に言ったものの、
お気に入りの電車を二つ選んで、それだけで遊ぶ息子。
しかもレールも、目の前に準備されていたものをほぼそのまま使って遊んでいます。

 

その後、おじいちゃんと一緒に来た男の子は、
息子が使っているエリア以外の広い場所を全部使って、
それこそ「これでもか!!!」というほどのグッズを付け足しまくって、
電車は軽く10個を超える数を一人で使っています。

 

まだ、うちの子達とその男の子しかいない店内。
息子にもう一度、
「ねえ、好きなもの、いくつでも使っていいんだよ?!」
と念を押すと、
「え?電車も?いいの?」
と息子。
(だから、そう言ってるじゃん!)と心で思いながらも、
「そうだよ。好きな電車、10個でも20個でも使っていいんだよ。
でも、他のお友達が来たらシェアして遊ぶんだよ」
と私。
それを聞いて俄然やる気になり、電車を吟味しに行く息子。
それでも、無闇に電車を取りまくるのではなく、
好きなものをさらに2〜3個選んでレールに走らせ始めました。


これを見て、「へえ!」と思った私。
息子の中では、
「無制限におもちゃを使って遊ぶのはダメ」
という常識が出来上がっていたのでしょう。
(どこで身についたのかな…。幼稚園かな…。私、どこかでそんなこと言ってたかな…。)
だからこそ、「どれでも全部、何個でも使っていい」と言われて、
「え?いいの?」となったのでしょう。


私たちも、知らずに身につけてしまっている「常識」がたくさんあります。
娘がアメリカの学校に行っていた時は、
「学校にアクセサリーつけていっても、え?いいの?」
「学校に、ヒールのサンダル履いていっても、え?いいの?」
などの「え?いいの?」が、たくさんありました。
学校に限らず、そんなことだらけ。
自分が、いかに狭い「常識」の中で、
それを当たり前だと思って生活してきたのかを痛感しました。


でもきっと、まだまだ私の中には、「え?いいの?」と思うような、
「私にとっては当たり前すぎて気にも留めない」
でも、「本当は、そうと決まっているわけでもない」ことがわんさかあって、
それが私にとってのブレーキとして働いているかもしれません。


目の前にあるレールと、
一生懸命選んだ1〜2台の電車だけで健気に遊んでいた息子の世界が、
「え?いいの?」の一言のあと、
レールも電車も随分広がりをもった世界に変わった、あの感じが、
私たちの人生にも起きたとしたら…!!!

もっともっとすごい広がりを見せるかもしれません(^O^)/

Hand Stand

先日行った Strala Tokyo(8月13日の記事)でなんとなく感じをつかんでから、

「挑戦してみようかな」という気になっている「ハンドスタンド」。

 

今日、「感覚をつかむために」いい場所を、この狭い家の中に見つけました(^ ^)♪

 

私が住んでいるマンションの部屋は、4人家族にはちょっと狭い、というのもありますが、とにかく、おもちゃやら何やら物が色々ありすぎて、ハンドスタンドの練習をするために使える「壁」がないんです(>_<)!
邪魔者が周りにない「クリアな壁」が。

 

で、数少ない「クリアな壁」として”廊下の壁”があるのですが、何しろ廊下は狭い。
ハンドスタンドをしようと構えるだけのスペースがありません。
というわけで、今まで私の頭の中から「廊下の壁」は除外されていました。

 

が、今日、ふと「狭くてもやってみよう」と思って構えてみたところ、
確かに普通にするには狭いのですが、ハンドスタンドに移行する動きは狭すぎてできないものの、壁をつたって脚を上に上げると、狭いからこそ前にも後ろにも支えがあるので倒れることなく、ハンドスタンドでキープするときの「体の感覚」をつかむ練習にはもってこいの場所だということが判明♪

 

上空でキープした時の感覚が身につけば、普通にハンドスタンドを練習する時にも、そのイメージを体がすでに持っているから、やりやすいにちがいありません(^O^)/

 

屋上 Yoga

夜ご飯の後、家族皆ゴロゴロとテレビを見ている時、

マンションの下のゴミ置場にゴミを捨てに行った私は、ふと、
「屋上で Yoga しよう!」と思ったのです。

(食後そんなに時間経ってないんじゃん?!ヨガしていいの?!
…という疑問は置いておいて(^◇^;))

 

ゴミを捨てて家に戻り、
家族に「ママ、屋上でヨガしてくるね〜」と言うと、
「やった〜!行く行く〜!シャボン玉しよう〜!」と、子供達…( ̄▽ ̄)。

 

「ママはヨガするんだから、
”わあ、ベタベタになった〜”とか、
”あれ忘れた〜”とか、そんなん知らんよ?!
自分たちでなんとかしてよ?!
ママ面倒見られないからね!」

 

「だいじょ〜ぶ、だいじょ〜ぶ☆」
と言いながら準備をする子供たち。
「ママ、蓋開けて!」
「ママ、これだっけ?」
「ママ、この中のやつ取り出さないと!」
本当に大丈夫かなあ…(^_^;)。

 

テレビを見ながらそれを聞いていたパパが、
「しょうがないなあ。パパも行くか」
わあい、やったあ♪
パパ、ありがとう(^O^)/

 

というわけで、屋上で少しの間、ヨガをしてきました♪

子供たちが、強風に飛んでいくシャボン玉を追いかけながらはしゃぐ中で、
とても、”静かな落ち着く空間で”というわけにはいきませんでしたが、
夜風の吹く中でするヨガは格別でした( ´ ▽ ` )ノ

 

暑いの嫌い。
寒いのも嫌い。
虫も嫌い。
ヨガマットが汚れるのも嫌、という私は、完全にインドア派。
最近色んなところで行われている「外ヨガ」には参加したことがありませんでした。

 

だから、
風が体をすり抜けていくのを感じながらするヨガが、こんなに開放感があるなんて、
高いところから夜景を眺めながらするヨガが、こんなに広がりを感じるなんて、
知りませんでした。

 

きっと、またやります☆

 

「二人の石切職人」

ある本を読んでいると、その中に、こんな寓話が載っていた。

 

************
ある町で、新しい教会が建設されていました。

その建設現場で働く石切職人に、
旅人が「あなたは何をしているのですか?」と聞くと、

石切職人の一人は、
不愉快そうな表情で、ぶっきらぼうに
「この いまいましい石を切るために 悪戦苦闘しているんだ」
と答えました。

別の石切職人は、
表情を輝かせ、生き生きした声で
「今 私は、多くの人々の心の安らぎの場となる素晴らしい教会を造っているのです」
と答えました。
************

 

同じことをしていても
「何を見つめてそれをしているのか」
によって、その意味は天と地ほどの差になる。

 

私は今のこの、満ち足りた幸せな日々を、
心に空洞を抱えながら生きている気がしていた。
その心の空洞は、
私自身が「何を見つめて生きるか」を決めることで埋まるのかもしれない。

 

あなたは、何を見つめながら1日1日を過ごしていますか?